【初心者用】Pythonで仮想環境① Pythonファイルを実行する方法

仮想環境に入る…
なんかハッカーぽくてドキドキしますね(そういうのじゃないです)

ということで、やってみました。

今回はPythonの仮想環境の作り方と、そこから既存のPyrhonファイルを実行する方法を書きます。
初心者目線で丁寧に書きましたのでぜひ挑戦してみてください。

仮想環境の作り方

①コマンドプロンプトを開く
 windowsキー+Rで 検索窓にcmdと入力

②仮想環境を作りたい場所にファルダを作成
 エクスプローラで作りたい場所にフォルダを作成
 ここでは以下のように”kasou”というフォルダをドキュメント下に作成することにします。

C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou


③コマンドプロンプトで仮想環境を作りたい場所に移動

 コマンドプロンプトに cd と入力した後、先ほどのパスをコピペしてエンター

cd C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou


④仮想環境を作成

 コマンドプロンプトに
 python -m venv ○○○ と入力してエンター ※○○○は好きな名前を入力
今回は kasou1 とします。

C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou>python -m venv kasou1

これで仮想環境作成完了です!
指定したフォルダ内にこのようなファイル↓が自動的に作られてると思います。

仮想環境に入る方法

①仮想環境フォル内ののScpiptsフォルダがある場所へ移動 

cd C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou1\Scripts

②仮想環境に入る
 Scriptsフォルダに移動した状態なのでそれに続き
 activate.bat と入力してエンター。

C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou1\Scripts>activate.bat

これで仮想環境に入った状態です!
※activate.batファイルをコマンドプロンプトに直接ドラッグしてもOK。

仮想環境から出る方法

①仮想環境に入る時と同じようにScriptsフォルダへ移動 

cd C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou1\Scripts

②仮想環境から出る
 Scriptsフォルダに移動した状態なのでそれに続き
 deactivate.bat  と入力してエンター 

C:\Users\ユーザー名\Documents\kasou1\Scripts>deactivate.bat

これで仮想環境から出られます。

仮想環境からPythonファイルの実行

①実行したいPyhonファイルのある場所へ移動
 今回はドキュメントフォルダ下にあるとして
 コマンドプロンプトにパスを入力してエンター 

cd C:\Users\ユーザー名\Documents


②Pythonファイルの実行

「python (半角スペース)ファイル名」を入力
今回は test_file.py というファイル名にしたのでこうなります↓

C:\Users\ユーザー名\Documents>python test_file.py

これで仮想環境から test_file.py を実行でき、結果がコマンドプロンプトに表示されます。

以上で仮想環境の基本操作はOKです!
慣れてしまえばなんてことはないんですが、コマンドプロンプトに馴染みがないとちょっとややこしいですね。