VscodeでJavascriptをサクッとターミナル出力&Node.jsでデバッグ

JavascriptファイルをVscodeでターミナル出力&デバッグ する方法のメモ

Javascriptの出力結果を確認したい場合、いちいちHTMLファイルを作ってブラウザで開くのは面倒ですよね。
ここではVscodeのターミナルでリアルタイムに確認。また、デバッグする方法を書きます。

リアルタイムにターミナル出力する

①コマンドプロンプト(CMD)にてnodemonをインストール

VscodeのCMDにて以下を入力

npm install -g nodemon

nodemonモードに入るので、CMDで以下のようにファイルネームを入れる

nodemon filename.js

これでリアルタイムにターミナル出力できる。

nodemonから出たい時は ctrl + c で通常のCMDに戻る。

 

node.jsでデバッグする

デバッグ(f5)すると
自動的にルートディレクトリにlanuch.jsonが作られる。

lanuch.jsonの設定を以下に設定

"name":"単純にデバッガーの名前だから何でもOK"
"program":"${file}"  //これで実行ファイルになる
"request": "launch"
"type": "node"

色々設定項目ありますが、とりあえずこの設定でデバッグ可能です!